INDOOR HOBBIES

家の中で楽しく暮らす。インドア派な私が送る趣味ブログ。

サトイモとシダの水辺 パルダリウム

サトイモとシダの水辺、仕組みと、生体追加。

投稿日:

新しく立ち上げたパルダリウムは、

「サトイモとシダの水辺」っという題を設けました。

カテゴリーもサトイモとシダの水辺となりますので宜しくお願いします。

 

さて、今日はこのパルダリウムのちょっとした説明と、

早速生体を追加したので備忘録として残しておきます。

 

まずこのパルダリウムはYOSSYさんでいうAタイプになります。

草が茂るまで配管は丸見えの方向です。笑

水中ポンプで汲み上げて、

チューブを2本に分岐させ、

流木を伝って水が滴り落ちる仕組みになっています。

 

2本のチューブから水が流れてくる箇所は、

水が流れてくるのが水色の線部分で、

赤丸部分は水が滴り落ちてくる箇所になります。

 

水の滴りは、

↓溶岩石付近に散りばめられたブセ(サトイモ)達のために、

ほんの少し垂れ落ちてきます。

なので飾り半分くらいの気持ちで滴っております。

 

↓主に右側の流木を伝って流れくる水がほとんどです。

ここにはフランシーAタイプ(シダ)ブセ・カユラピス(サトイモ)を、

どちらも水上で育つよう溶岩石に乗っけて配置しています。

 

水上には他にも、

ホマロメナ.Mt besar(サトイモ)

根部分のほとんどが水中です。

イケると信じています。

 

ミクロソリウム・プテロプス(シダ)

(あ、生体バレたかも)

 

↓水中にはキューピーアマゾン(NOイモNOシダ)

ショートヘアグラスも少々。

本当はクリプト等のサトイモを植えたかったんですが、

クリプトは葉っぱすぐ溶けて水質悪化に繋がるのでやめました。

(バレてないバレてないまだ大丈夫)

 

↓上空25cm壁面部分。

鉢の中でうねうね育ちすぎて困っていたフペルジア(シダ)や、

あまり調子のよくないフペルジア(シダ)をとりあえず挿しておきました。

本当はもっと小型の子たちがいいです。

良いのを見つけたら差し替えちゃうかも。

壁面にはその他、フィカス系のツタやブセを刺してあります。

 

さて、

待ちに待った生体追加です。

このパルダリウムに私がチョイスした生体は、

 

 

 

イモリ!!(すぐばれる嘘)

 

ではなくベタ!!(知ってました)

 

実はこのベタ3連30cのカラシン系の魚がうじゃうじゃいる中央の水槽で、

肩身の狭い思いをさせていた子なんです。

 

水辺部分を大きく確保したのは実はこの子のためだったり…

(ホントはちょっとイモリとか飼いたかったけど…)

 

まずは水合わせです。

配管の分岐をひとつ拝借しての水合わせ。

楽ちんです。

 

強い水の流れがほとんどないので、

居心地良く生活してくれるといいなあ。

今までかなり荒い環境に居たのでヒレの状態が悪いです。

ベタって上手に飼育出来たことないんだよなあ…

引っ越し初日ですが、

ちょっとだけフレークあげちゃいました。

ちなみにベタさんが石の間を縫って後方に迷子しないように、

しっかりと隙間なく小石を詰め込んであるのでご安心ください。

 

↓おまけ

昨日発見!まだ居ました!

テントウムシ!

なんか虫が飛んでる!!っと思ったらテントウムシw

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

sponsored link

-サトイモとシダの水辺, パルダリウム

執筆者:


  1. YOSSY より:

    めっちゃ刺激を受けました。
    僕もタイプAで次のパルダリウムを作ることにします。

    シダもサトイモも素敵ですよね。
    ベゴニアだけでなくシダもサトイモも入れられるのを作りたくなりました。

    ベタもこういう環境にはすごく馴染みますね。
    楽しみやわ~

    • Yoshiki Furuki より:

      YOSSYさんから刺激を受けたなんてお言葉頂けるなんてとても嬉しいです。

      実は、
      このパルダリウムにも赤系の草が欲しかったので、
      葉挿しで増えた小さなジュラウを忍ばせています。

      ベタは本当によく似合います!
      現地の雰囲気を出す主役とも言っていいくらいです。

  2. タッター より:

    ヤバい!タイプA本当にやりたくなってきた( ゚Д゚)
    やっぱり動きのあるパルダリウムは、よりリアル感が増しますよね(^^)

    • Yoshiki Furuki より:

      タイプAはなかなか見応えがあります!笑
      30cmキューブでも小さいですけどなんとか作れました。
      ほとんどテラリウムを作る感覚に近いですね。

  3. 燈真 より:

    こんにちわータイプA良いですね(*^^*)
    テラもやりたい私には凄く魅力的な造りです!

    バレたかも、NOイモNOシダでプルプルしてて
    丸見えでもバレてないの流れでツボに入り吹き出しましたw

    ベタのヒレも綺麗になるといいですね(*´∀`)

    • Yoshiki Furuki より:

      アクアテラやっちゃいましょう!
      案外簡単に出来ましたよ!

      吹いて頂けて嬉しいです。
      その飛沫は是非パルダリウムに向けて…

      ベタさん、その後実は事件がありまして、、、
      まあ元気っちゃ元気なんですけどww

コメントを残す

sponsored link

関連記事

宝石蘭から謎の白い新芽。

最近パルダリウム関連の記事を書いていたおかげで、 高頻度の更新が出来ています。 この流れを止めることなく更新したいので、 ネタを振り絞って記事を書いています。   すると気づいたらこのブログ …

蘭のパルダリウム、1ヶ月経過。

昨日からひょんなことで気胸っぽいです。 年1回はやってる気がする…   さて、蘭のパルダリウムを立ち上げてから、 気付けば1ヶ月が過ぎました。 (正確には1ヶ月と11日。) &n …

シリケンイモリさんの探検記録。

イモリさんお迎え3日目。   新しい環境に少しずつ慣れてきたようで、 隠れ家から探検に出てくるようになりました。 ↑この流木の裏が隠れ家になっています。   いやね、 両生類がこん …

サトイモとシダの水辺、ベタが消えるの巻き。

サトイモとシダの水辺を立ち上げてから、 すぐに問題が発生しました。 正確にはベタを追加してからのこと。   ふと水槽を見ると、 ベタが居ない!!   まさかと思いつつ後ろに回ってみ …

30cmキューブで密閉型パルダリウムを作ってみた。

久しぶりの投稿になりました。 今日は、 今流行りのパルダリウムを30cmキューブで作ってみたいと思います。 今回作るのはアクアブログ界のボスYOSSYさんが提唱されている密閉型です。   で …

sponsored link

ネコ日記はこちら。

カテゴリー

  • 70,771 PV